« 金木犀 | トップページ | 大好きな星野さん »

vs岐阜、悔しい引き分け

試合終了後の三上くん。

ピッチに倒れ込み、しばらくして起きあがると、ピッチを叩いて悔しがっていました。

そこに、どんな思いがあったかは、本人でなければわかりません。

でも私は、三上くんが試合に臨む中で、チーム全体に勝ちたいという強い気持ちを感じなかったからなんじゃないかなって思っています。

もちろん、勝てた試合だったという悔しさも・・・

試合は、前半はボールが前になかなか進まず、テンポの悪い内容でした。

ボランチのふたりが、どちらも守備的というのもあって、誰にボールが入ったら攻撃のスイッチが入るのかが、わかりにくいというかcoldsweats01

お互いにいくつかチャンスはあったけど、0-0で後半へ。

後半は、越智くんが入ったことで、運動量が増えて、中盤が動き出した感じ。

サイド攻撃もだんだんうまくいくようになってきて、3トップになってからは、相手のマークもずれてきて、石井くんが2度のノーマーク状態にcoldsweats01

残念ながら、どちらも決めることができずに、ため息が充満したニンスタbearing

結局、スコアレスドローのまま、試合終了。

残念ながら、チーム初のホーム4連勝はなりませんでしたweep

昨日は、ホントに両SBがよく走った試合だったと思います。

エイゴは、もう途中で足攣ってたし、三上くんも最後は倒れ込んじゃったしcoldsweats01

正直、昨日ほど、真ん中はちゃんと決めてsign01って思った試合はないです、ホント。

なんか、試合が終わって、すごく淡々としてる選手にも腹が立ったし・・・

もっと、悔しがって欲しいです。

そして、最後まであきらめないで欲しいんです。

時間が少なくなれば、それだけ、1点で勝てる確率って上がるんだし、最後の瞬間まで、前を向いてプレーする必要があると思います。

だって、ホームゲームなんだからねsign01

|

« 金木犀 | トップページ | 大好きな星野さん »

愛媛FC(トップ・レディース・ユース)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金木犀 | トップページ | 大好きな星野さん »